くらしくモニター規約 プライバシーポリシー くらしく運営会社 サイトマップ

アンケート報告書

お中元(1回)(2008年6月15日〜7月15日)

アンケート内容
くらしく 登録モニター様を対象に「お中元に関してのアンケート」をお願いしました。
・調査項目:
2008年お中元ギフトの利用有無/お中元ギフトの実施状況/贈る相手/ギフト商品の選択と
購入店舗状況/ギフトとして利用する商品/ギフト単品にかける金額/お中元全体にかける金額
・対象者 北海道くらしアンケートくらしく 登録モニター40名
・調査方法:
インターネットによる調査
・調査期間:
2008年6月15日〜7月15日
調査報告に際して
北海道のくらしアンケート くらしく として、第1回目のアンケートとなり、回答いただいた
モニターさんの数も多くはないため、数量的なアンケートとしては、あまり信憑性の高くはない
アンケートとなりました。しかし、北海道の皆さんのギフトに関しての意見はなかなか興味
深いものが多くあり、面白い意見も多く聞けました。
多くの意見をくれたモニターの皆さん、本当にありがとうございました。
調査報告
■質問1 お中元の利用頻度

■質問2 お中元の実施状況

定期的に贈る先を特定せず、必要な時に贈りたい相手に送るとギフトとして
お中元という「ギフトを贈る行事」を利用しているということがわかりました。


■質問3 お中元を贈る相手

お中元を贈る相手は、友人や家族など、知人に贈るために利用するという意見が多くありました。それ以外に、「自分用にお中元を購入し利用する」という意見もありました。


■質問4 贈るお中元の種類

お中元は北海道産の「生鮮品」が多くの意見がありました。注目したのは、老舗やブランド品のギフトではなく、生鮮品を贈ることが一般的であるという点です。北海道の生鮮物はギフトとして人気があるために、加工品よりも喜ばれるのでしょう。


■質問5-1 お中元を購入する場所
■質問5-2 項目に該当しないところで購入された場合は、「その他」に印をつけ、
下の欄にどのような場所で購入したかお書きください。

その他の意見
・丸井今井(男性40代)
・農家から直接買う(女性40代)
・現地の商店(男性30代)
・市場で買う(女性30代)
・三越百貨店、道の駅(男性40代)
・百貨店や量販店から贈ったり、直接その場で買ったりする(男性40代)


お中元を購入する場所で一番多かったのは百貨店での購入(丸井、三越など)それ以外にはスーパーや専門店が多くありました。
注目するのは、同率4位にあるインターネットショップと通販です。
通販やインターネットなど、実物の商品を確認しないでお中元を贈ることが
一般的になっている様です。
それ以外に、道の駅や農家や市場など、鮮度やメーカーやブランドではない品物の価値に対してのこだわりを送りたいという方もいらっしゃるようです。



■質問6 お中元を購入するお店(具体的に教えてください)自由回答

・イトーヨーカドー(女性40代)
・札幌東急百貨店 丸井今井(大通店)(男性20代)
・シャディーなどのカタログギフトのショップ(女性40代)
・丸井今井(男性40代)
・楽天市場(男性20代)
・六花亭、柳月、もりもと(女性50代)
・大丸(男性30代)
・ビッグオフ(女性30代)
・大畠精肉店、北菓楼、おかだ、福梅本舗、砂川ハイウエイオアシス
(女性40代)
・ブルックス(女性30代
・【北市ドットコム】(女性30代)
・店名は出てこないですが、地元の専門店で、品質には間違いない、
信頼の置けるところを選ぶ。(男性40代)
・近所の酒専門店。住まいがちょくちょく変るので、
店名は記憶に残っていませんほかは、駅周辺の百貨店など。
いつも違うところで購入。(女性40代)
・丸井今井か三越で買う(男性40代)
・kitaiti.com、アカチャンホンポ、ギフトの本で選ぶやつ(男性20代)
・ショッピングモール(楽天など)で選ぶ(男性30代)
・丸井今井や、知人の農家より農産物を直送(女性40代)
・ゆうパック 六花亭 ロイズ 北菓楼 (女性40代)
・特に決めている店はありません。男性30代)
・郵便局のカタログ(女性30代)
・amazon (男性)
・三越 今井(男性40代)


北海道で有名な百貨店やスーパーの名前が多く回答にありました。
それ以外に感じたのは、シャディやブルックス、郵便局のカタログギフト(アカチャンホンポも)や楽天などのインターネットショッピングが思っていたよりもお中元ギフトが利用させれていることです。
購入される傾向で興味深かったのは、
〇葦曚箚欅羣0罎覆鼻⊂貊蠅之茲瓩討中元を購入するタイプの方
大畠精肉店、北菓楼、おかだ、福梅本舗などブランドでお中元を決める
タイプの方
F韻絃貊蠅筺△店に左右されずなるべくお店を変えてお中元を選ぶ方
の3パターンの方がいらしたことです。
皆さんはどのようなタイプですか?



■質問7 お中元の購入金額(1商品の価格)

お中元の一品当たりの購入額で一番多かったのは、3千円〜4千円でした。
これは、スーパーや百貨店で行っている全国送料無料サービス商品の多くが2500円以上のためでしょうか?


■質問8 お中元の購入総額

お中元の一回当たりの購入総額はで一番多かったのは、2万円〜3万5千円でした。質問7の1品あたりの購入単価を参考に考えると、購入者1名当たり5個から7個程度を購入して贈っているという計算になります。



■アンケートの総括として
アンケートのご協力本当にありがとうございました。
アカチャンホンポやアマゾンのお中元での利用は、あまり考えたことがなかったので、とても
面白い意見をうかがうことができました。
北海道の方が道外にお中元を贈るばあい、喜ばれるのは加工品ではなく素材としての食材で
ありという意見をお聞きして、とても興味深く思いました。
お中元が、儀礼として役割でなく、ちょっと贈っておきたいから利用するという日常的に
活用されているということがよくわかりました。

 
今後とも、くらしく のアンケートをよろしくお願いします。ありがとうございました。