くらしくモニター規約 プライバシーポリシー くらしく運営会社 サイトマップ

アンケート報告書

冬の暮らしと模様替え(47回アンケート)(2009年11月03日〜11月30日)

●「冬の暮らしと模様替え」に関して
・冬の準備を始める時期は11月初旬
・暖房器具を使い始めるのは10月下旬
・暖かいメニューを意識するのは10月下旬
・冬の生活で気をつけるのは「乾燥」「風邪対策」

アンケート内容

くらしく 登録モニター様を対象に
「冬の暮らしと模様替えに関してのアンケート」をお願いしました。

・調査項目:
1・冬物を購入したり、冬の模様替えを考える時期は?
2・暖房器具を使い始める時期は?
3・暖かいメニューを意識し始める時期は?
4・冬の準備はどのようなことをしますか?
5・冬の生活で気をつけることは?

・対象者 北海道くらしアンケートくらしく 登録モニター380名
・構成性別 女性316名 男性64名
・調査方法:インターネットによる調査
・調査期間:2009年11月3日〜11月30日

調査報告に際して

北海道のくらしアンケート くらしく モニター様に「冬のくらしと模様替え」に関しての
アンケートをお願いしました。冬の支度や、冬を感じる時期、冬の生活で気をつけることなど、
冬の生活に向けての意識のアンケートです。

調査報告
■質問1 冬物を購入したり、冬の模様替えを考える時期は?
■質問1 冬物を購入したり、冬の模様替えを考える時期は?

11月初旬が一番多い答えでした。
10月初旬から順番に増えていき、11月中旬には急に少なくなります。
11月中旬という時期は「冬」という意識があることがわかります。


■質問2 暖房器具を使い始める時期は?
■質問2 暖房器具を使い始める時期は?

10月中旬以降に利用する方が増え始め、11月初旬には全体の約半数の方が
暖房器具を利用しているようです。


■質問3 暖かいメニューを意識し始める時期は?
暖かいメニューを意識しし始める時期は?

10月初旬〜中旬を経て10月下旬から急に暖かいものが食べたいという人が増えます。北10月下旬に食に関しての季節の変わり目があるようです。


■質問4-1 冬の準備はどのようなことをしますか?
■質問4 冬の準備はどのようなことをしますか?

■質問4-2 冬の準備はどのようなことをしますか?(自由回答)〜一部抜粋して紹介します。
  • こどもの防寒、うがい手洗い、加湿器 (20代女性)
  • 加湿機の準備(冬季は空気が乾燥して喉を痛めやすいので、寝室に加湿機は必須アイテムです。) (20代女性)
  • ペットのハムスターの防寒対策 (20代女性)
  • ベランダの片付け(冬は使えないので) 窓に断熱材を貼り、冷気が入らないようにする 車のウオッシャー液を凍結しないタイプのものに変える (30代女性)
  • 衣替えをして、子供服を整理し、従兄弟宅にお下がりを送る。 (30代女性)
  • 屋外の物をいろいろとかたずける。(ガーデニング関係や物干し竿など) クリスマスの飾りつけの雑誌などをみて、あれこれと思いをめぐらす。準備もします。 (40代女性)
  • 家庭菜園の畑を片付ける 窓に結露防止シートを貼る (30代女性)
  • 寒くなる前に窓拭き・カーテンの洗濯。 ドアや窓の防寒対策。 (40代女性)
  • 自転車や徒歩で移動するときの為に、反射材や「反射材付きたすき」などを、バッグに携帯しておく。夏よりも日が短くなるので、予定よりもちょっと遅れるとあっという間に真っ暗になって危険なので。 (30代女性)
  • 車のワイパーを冬用に交換 除雪の道具を準備(長靴、ママさんダンプなど)玄関に、クリスマスグッズを飾る (30代女性)
  • 雪かき用のスコップなどの準備や、庭の冬支度をします。 (30代女性)
  • 窓ガラスに、防寒用のシートを貼る カイロの準備(カイロを買う) 防寒用の下着を出す 晩酌の飲み物を、ビールから他のものに変える スリッパやバスマットを冬用の暖かいものに替える (30代女性)
  • 窓に水滴防止・温かさ対策の透明シートを貼ります。 (30代女性)
  • 暖かい色合いの雑貨を毎年漁りに雑貨屋さんに行くのが今頃。11月上旬ですね。 (30代女性)
  • 朝起きたら寒いので、すぐ着れるフリースや厚めの靴下用意しておく。ストーブをつけると空気が乾燥するので加湿器の準備。 (30代女性)
  • 鉢花の管理、植え替えなど (20代女性)
  • 木や植物関係の雪囲いの用意 (40代女性)
  • 部屋の小物をクリスマス用に変える (40代女性)

加湿器の用意、冬の乾燥対策、庭やベランダの冬支度、水道管の凍結防止、使い捨てカイロの用意、結露防止等の、意見が多くありました。


■質問5 冬の生活で気をつけることは?
  • 80代の義父母と同居しています。湯たんぽやオイルヒーターなどカラダに優しい暖房を心がけています。 (50代女性)
  • アロマオイルを使ってうがいや、手洗い、室内芳香での除菌をして、外から持ち込んだ雑菌、ウィルスを防御しています。 (40代女性)
  • インフルエンザが流行ってくるので、予防注射の予約。加湿器の用意。 (30代女性)
  • うがいの励行。マフラー使用で首筋を暖めて風邪の予防。 (40代男性)
  • おなかが冷えないように、腹巻をする (30代女性)
  • こたつが大好きで気がつくとこたつで朝まで・・・。いつもこたつで寝ないようにしたいと思っています。 (50代女性)
  • スタットレスタイヤのはき替えのタイミング (40代女性)
  • とにかく、風邪を引かないように予防に努めます。通勤時の首あて・手袋など、北海道なので防寒用具はかかせません。灯油がなくならないように前もって用意しています。 (30代男性)
  • ニンニク料理を頻繁に食べる(パスタや鍋にたっぷり入れる)うがい手洗いの徹底  (30代女性)
  • ビタミンCを多めに摂ってみる…効果はよくわかりませんが・・・ (40代女性)
  • 温かい食事を取るようにする事と、暖房を使いだすとどうしても湿度が下がるので湿度が上がるように湯船に水を少し張り扉は開け放しています。 (50代女性)
  • 加湿機は使っていますが、風邪予防に至らないのはなぜでしょう? 後はなるべく体の中から温めるように、ショウガやネギを多用するようにしています。 (30代女性)
  • 家では、暖房を使いすぎないようにしているので、厚着をするようにしています。昔ながらの「ちゃんちゃんこ」が重宝です。 (40代女性)
  • 我が家はみんな喉が弱いので、暖房を入れると共に加湿をします。なので秋が来ると加湿器の準備も始めます。最近は加湿も出来て香りも楽しめるものも増えているので、購入しようか検討中です。 (30代女性)
  • 外出の際は帽子とてぶくろ (40代女性)
  • 寒くても空気の入れ替えをするようにしています (40代女性)
  • 急に寒くなるので風邪を引かないように寒いときは暖かい格好や寝具に気をつけるようにしています。 (30代女性)
  • 空気が乾燥してくるので、静電気予防に洗濯物に柔軟剤を毎回入れるようにしたり、静電気ガードのスプレーをふったりします。 あと顔の乾燥も気になるので、基礎化粧品をしっとりタイプのものに切り替えます。 (20代女性)
  • 結露予防の為に、除湿剤を多めに部屋に配置します。リビングルームに居る時には、寝室を空気清浄機の「結露防止運転」にして湿気を溜めないようにしています。 手を洗う度にハンドクリームを塗るようにしています。 (30代女性)
  • 血行不良に対する用意(ゆたンポや、マッサージ、入浴剤)、服や小物に対する劣化防止、寝具の手入れや入れ替え、灯油の準備とあわせて資金の計算、 (30代女性)
  • 今年は特に手洗い、うがい、を丁寧に家族みんなが実行するという事を大切に。外出時はマスクを忘れないこと。 (50代男性)
  • 子供がまだ小さいので抱っこしながら転ばないかと心配です。滑らないようにスパイク付きのスノーシューズを用意しなくてはと思ってます。 (30代女性)
  • 子供たちの学校は寒いので、家であまり暖かい状態に慣れすぎないよう、設定温度に気をつける。 (40代女性)
  • 車の運転、子供の健康管理 (20代女性)
  • 手洗いうがい。 体を冷やさない下着を付ける (30代男性)
  • 寝る部屋に洗濯物を干して湿度を保ち、乾燥でインフルエンザウイルスが蔓延しないよう気をつけてます。 その部屋でエアコンの暖房機能を使えば、乾燥機能を使わずして洗濯ものも乾くので一石二鳥ですね。 (30代女性)
  • 水道管の凍結防止、灯油盗難防止 (40代女性)
    洗濯物を干す場所が限られるので、夏場はまとめてやっている洗濯も「冬の生活」中は、こまめに洗濯して干すようにしている。 (30代女性)
  • 早寝早起、うがい手洗いの強化 (40代女性)
  • 窓を開けての換気がいつでもはできないので、暖かい日は換気を心がけるようにする (30代女性)
  • 暖房で部屋が乾燥するので加湿に気をつけ、押入れなどの除湿を 心がけています。 (40代女性)
  • 暖房を使うので乾燥しないようにする 結露ができないようにする (20代女性)
  • 朝起きて雪が積もってると車の雪を落としたり、道路の雪かきをしたりと時間がかかるので雪が降るようになったらいつもより早く起きるようにしています。 (20代女性)
    冬は窓を閉め切った状態なので、短い時間でも窓を開けて、空気の入れ替えをしています。 (40代女性)
  • 特に寒い日は水道の元栓を閉める (20代女性)
  • 肌の手入れ(乾燥対策) なるべく緑茶を飲んで、風邪予防。サプリメント。 (40代女性)
  • 病気の予防のためうがいと手洗い (30代女性)
  • 布団を2〜3重に重ねてかぶるようにして寝る 加湿器を枕もとに置いて、睡眠時の湿度をたもつ (20代女性)
  • 部屋の湿度に気をつける。 新潟の冬は、雪が降ったり、室内に洗濯物を干したりするので多湿になりがちです。しかし、暖房器具と温湿度計で管理しています。 (30代女性)
  • 部屋干しが多くなり乾きづらくなるので出かける時は除湿機を付けて行く。 (40代女性)
  • 部屋干しで乾燥防止  結露対策 (30代女性)
  • 部屋着を厚手の温かいものにし、靴下を欠かさず履く。カイロを背中とお腹に常に貼る。岩盤浴やお風呂に入り、体を温めるようにして、風邪を引かないようにする。 (30代女性)


一番多くあったのは「加湿器などでの乾燥対策」と「かぜ・インフルエンザ対策」でした。
北海道の冬の暮らしは、暖房費がかさみます。家計費の計算をして、効率的な冬の暮らしを
行う必要があることがわかりました。



たくさんのご意見、本当にありがとうございました。
今年はインフルエンザの流行で、冬の季節への変化にたいして特に気をつけて対応された方も多くいただのでないかと思います。
北海道の暮らしは、秋と冬ではがらりと生活が変わります。
身のまわりの冬の暮らし全般の用意と準備をしっかり行うことで快適な暮らしができるという
ことだとわかりました。


たくさんのご意見ありがとうございました。
今後とも、くらしく のアンケートをよろしくお願いします。ありがとうございました。