くらしくモニター規約 プライバシーポリシー くらしく運営会社 サイトマップ

アンケート報告書

冬の準備と模様替え(13回アンケート)(2008年10月18日〜11月20日)


●「冬の準備と模様替え」の意識に関して
・冬物を購入したり模様替えをしようと考えるのは10月下旬
・暖房器具を使い始める時期は11月初旬
・鍋物や暖かいものを食べ始める時期は10月初旬より前
・冬の準備で行うことは「衣類・装い」⇒「暖房や模様替え」
⇒「冬の実際の準備(タイヤ・水道管)という順番
・冬の生活で特に気をつけていることは
”邪予防
暖房費
雪の生活と寒さ対策

アンケート内容

くらしく 登録モニター様を対象に「冬の準備と模様替えに関してのアンケート」をお願いしました。
・調査項目:
1・冬物を購入したり模様替えを考える時期/
2・暖房器具を使い始める時期/
3・お鍋や暖かいものを食べたくなる時期/
4・冬の準備の具体的に行うこと/
5・冬の生活で特に気をつけていること(自由回答)/

・対象者 北海道くらしアンケートくらしく 登録モニター196名
・構成性別 女性167名 男性29名
・調査方法:
インターネットによる調査
・調査期間:
2008年10月18日〜11月20日

調査報告に際して

北海道のくらしアンケート くらしく モニター様に「冬の準備と模様替え」に関してのアンケートを
お願いしました。モニター様は全国におり、各地域の気候や気温によって冬の準備の時期や
、準備する内容に若干変化があります。ちなみに、今回ご回答いただいたモニター様の
半数(84名)は北海道にお住まいのモニター様です。

調査報告
■質問1 冬物を購入したり模様替えを考える時期
■質問1 冬物を購入したり模様替えを考える時期

10月の下旬に一番多く冬物の購入や模様替えを始めるという意見がありました。
10月の下旬は秋の土用、北海道では初霜が観測される時期です。
冬物のバーゲンなども開始される時期なのでしょうか。


■質問2 暖房器具を使い始める時期
■質問2 暖房器具を使い始める時期

暖房器具を使い始める時期は「11月初旬」が一番多い意見でした。
10月下旬から11月中旬で全体の半数以上の方の意見が集中しています。


■質問3 お鍋や暖かいものを食べたくなる時期
■質問3 お鍋や暖かいものを食べたくなる時期

暖かいものが食べたくなる時期は10月初旬が一番多い意見でした。
秋のお彼岸を過ぎた時点から寒さを感じるようになるため、9月下旬より意識して暖かいメニューを食べるようになる様です。


■質問4 冬の準備の具体的に行うこと
■質問3 贈る利用者の立場(どんな立場で贈りましたか?)

■質問4 冬の準備の具体的に行うこと(自由回答)
  • 熱帯魚水槽のヒーター交換 (30代男性)
  • 鉢植えの植物で 寒さに弱い物は部屋の中に入れる。 (30代女性)
  • 鉢植えの植物を室内に移動・畑の収穫物を保管・ホッカイロの購入 たくわん作り開始・お風呂の湯温を2℃上げて設定 (50代女性)
  • 髪を伸ばす。肩口の冷え対策は重要です。 (30代女性)
  • 保湿効果のある入浴剤・クリームの使用。 (40代女性)
  • 保存食の入替 (30代女性)
  • 防寒用の部屋着などの準備 (30代女性)
  • 毛布、羽毛の寝具を出します。 (40代女性)
  • 融雪槽の点検準備 (40代女性)
  • 窓などに断熱効果があるフィルムをはる 結露対策を始める (20代女性他)
  • 主人の実家では庭の木の冬囲いをするので、竹竿??をホームセンターへ一緒に買いに行きました。 (50代女性他)
  • 床暖房に水を入れる(水を使うので) (20代女性)
  • ニット帽、マフラー、ひざかけを準備したり腹巻の準備を寒くなると毎年しています。 (50代男性)
  • ホットカーペットを敷く。 (20代:女性)
  • 加湿器の設定・乾燥対策 (40代女性他)
  • 外の片づけ等(まだ物干し竿が出しっぱなし) 子供のスキー…用具等のサイズチェック いきなりのドカ雪にヘコまないように除雪用具の準備 加湿器の準備
    (40代女性)
  • 観葉植物を部屋の中に入れる。 (40代女性)
  • 使い捨てカイロの準備をする。 (40代女性)
  • チェスト上の飾りを季節によって変えているので、今はハロウィン風に。 (30代女性)
  • お米など、重たい物やかさばる物を買い置きする。車に専用のコート・長靴・手袋などを積む。 (30代女性)

「衣類や装い」が冬物の準備では特に意識されているようです。その次に多かったのは
「こたつや毛布、カーテンやジュータン」など暮らしの用意です。
スタットレスタイヤや、水道感の凍結などは、実際に冬を迎えてから用意する項目なのか
今回の冬の準備では、多くの意見が集まりませんでした。
自由回答では、ペットや植物、庭の準備、髪型などでの冬の準備など、いろいろと興味深い意見をいただきました。


■質問5 冬の生活で特に気をつけていること(自由回答)
    ■暖房
  • 暖房の無駄遣い・お風呂の光熱代を抑えるために、家族連続して入浴 (50代女性)
  • 石油ストーブを使う時は換気に気をつけている (20代女性)
  • こたつで朝まで寝ない (30代女性)
  • 健康のため外気との温度差を極端にしない。そっちのほうが風邪をひきにくいみたいです。 (40代女性)
  • 暖房器具を使うと部屋内が乾燥して喉を痛めるので、換気や水分補給を小まめに行うよう心掛けています。 (30代女性)
  • 炬燵やストーブなどの暖房器具を使うよりは、湯たんぽを利用するようにしています。炬燵に一度入ると動くのが億劫になりますし、湯たんぽだと、空気も汚れず電気代もかからずエコですし、自分の移動にあわせて持ち運べるのも利点です。 (30代女性)
  • ■風邪予防
  • すごく部屋の中が乾燥して静電気が発生しますし、喉も痛くなるので加湿をするようにしています。(加湿器は使わずに頻繁にお洗濯をして干したり、洗面器にお湯を張って ところどころに置いています) (30代女性)
  • 冷え性なので温かい飲み物を飲んだりカイロを切らさない様にします。 もちろん風邪予防で早めに寝たり栄養をつけるなどの工夫をして一番風邪に気をつける季節になります。人ごみもあんまり行かない様にします。病院にかからないのが一番です。 (30代女性)
  • 風邪の予防のため、手洗いソープを殺菌消毒のものに切り替える。加湿器を用意する。また日が暮れると、必ず雨戸・カーテンを閉めることで冷気の侵入を防ぐようにしています。 (40代女性)
  • 冬場は乾燥しやすく、風邪予防に加湿器を使ってます。 あと、私の住んでいる地域は真冬に、氷点下20℃以下にまで下がる日が 多く、水道凍結防止は欠かせないです。 寝る前にも水を落とし、日中出かける際にも水を落としてます。 (30代男性)
  • 風邪やインフルエンザ予防に、身体を温める食べ物を意識して作って家族のも自分も食べる様にしている。 (40代女性)
  • ■暮らし
  • 寒いのはつらいが今年は暖気運転を極力避ける。 室内を暖め過ぎない …と灯油代ケチりすぎも程々にして体を壊さないように 栄養しっかり取る事。 (40代女性)
  • 車の運転に注意する。タイヤの状態には十分気を配る。外を歩くときはとても慎重に歩く。交差点にある歩道用の砂を、周囲にまきながら歩いて後の人が歩きやすいようにしている。 (40代男性)
  • 喉が乾燥するので加湿器を使用する。 暖房機の節約のため、換気をしつつ各部屋の戸を閉めておく(暖房の熱を逃がさない、早く部屋が暖まる)。他の部屋は寒くなっているが、大体は居間で過ごすので、寝る時は布団に入れば温かいし、風呂も脱衣所だけ寒いので湯につかれば暖かくなる。 (20代女性)
  • 肌が乾燥するので化粧品をそれように購入したりする (30代女性)
  • 喚起。灯油の残量(中設置で中々夜間配達してくれる所がなく仕事で遅くなると小さな電気ストーブのみになる)。通帳の金額(派遣は暦で給料がほぼ決まるので残高) (30代女性)
  • 北国ですので水道管の管理には気をつけています (50代女性)
  • 水道は凍結させると、めんどくさいとか金かかるとか以上に悲惨なことになる。なぜなら田舎で「クラシアン」が来てくれないからです。水道の水落としが最優先です。 (30代女性)
  • なるべく人ごみにはいかない。 (20代女性)
  • 寝坊防止 (30代男性)
  • ■食生活
  • 食生活が偏りがちになるので、野菜をたくさん採るように心がけている。 (50代男性)
  • 風邪予防のために果物を食べる 事故が心配なので、できるだけ車を運転せずに公共交通を使う (30代男性)
  • 胃腸を冷やさないように暖かいものをたべる。部屋の空気をこまめに入れ替えする。 (50代女性)

冬の生活で気をつけていることを、「暖房」「風邪予防」「暮らし」「食生活」と
項目分けして皆さんからいただいたご意見を一部抜粋してご紹介しました。
冬の生活で特に気にかけていることのポイントとして
|繁屡顱碧務て擦任脇辰傍い砲かるものです。
冬の暮らしでは、雪の生活と寒さ対策に関して特に意識を払っているようです。
I邪の予防〜普段の生活の注意と、食生活からの対応をされているようです。


たくさんのご意見ありがとうございました。

今後とも、くらしく のアンケートをよろしくお願いします。ありがとうございました。