くらしくモニター規約 プライバシーポリシー くらしく運営会社 サイトマップ

アンケート報告書

お盆の帰省(71回アンケート)(2010年7月23日〜8月30日)

●「お盆の帰省」について
〜澗里裡騎箒瓩の方が「帰省をする」
∩澗里糧梢以上が「自動車など」で帰省する
お盆の目的は「家族や親戚と過ごす」「お墓参り」
い罎辰りとくつろぐ時間を大事にしているお盆

アンケート内容

くらしく 登録モニター様を対象に
「お盆の帰省」に関してのアンケートをお願いしました。

■アンケート項目:
1・今年のお盆の帰省はしますか?
2・お盆の帰省は何日間程ですか?
3・お盆の帰省で行く、来る手段は何ですか?
4・どちらへ行かれるのか、どちらから来られるのか教えてください。
5・お盆の帰省の主な目的は何ですか?
6・例年、お盆に行うことは何ですか? 
7・今までのお盆の過ごし方の思い出

■基礎情報
・対象者 北海道くらしアンケートくらしく 登録モニター397名
・構成性別 女性331名 男性66名
・調査方法:インターネットによる調査
・調査期間:2010年7月23日〜8月30日

調査報告に際して

くらしく 登録モニター様を対象に
「お盆の帰省」に関してのアンケートをお願いしました。
前回のアンケート(70)夏の行楽・レジャーのアンケートと同時期に実施しました。
時期的に重なってくる内容になっているので、もし興味のあるかたは比較していただけると
面白いかもしれません。

調査報告
■質問1 今年のお盆の帰省はしますか?
■質問1 今年のお盆の帰省はしますか?

全体の5割近くの方が「帰省をする」と答えています。


■質問2 お盆の帰省は何日間程ですか?
■質問2 お盆の帰省は何日間程ですか?

一番多かったのは「日帰り」その次に「1泊2日」、「2泊3日」と続きます。
2010年のお盆は土日の休日とかぶっていて、あまり多くの休みを取りづらい日程になっていた
事も影響しているのでしょうか。


■質問3 お盆の帰省で行く、来る手段は何ですか?
■質問3-1 行くとしたどこに行きますか?

全体の半数以上が「自動車など」と答えています。
「公共交通機関」と答えた方の約3.5倍程でした。


■質問4 具体的に、どこに行きますか?(自由回答一部抜粋)
  • お盆が終わったら、混雑しない日を選んで、四国に帰省します。 (30代:女性)

  • 帰省するなら名古屋方面から富山市へ北陸自動車道または国道41号線を使用して自家用車を利用します。 (30代:女性)

  • 去年までは、主人の実家の新潟に家族4人で帰省していました。今年は、下の息子と私は留守番です。 (40代:女性)

  • 故郷の札幌に帰りたいのですが、お盆の時期は飛行機の料金が高くて、時期を外して移動するようにしています。 (40代:男性)

  • 行くとすれば大阪です。電車で30分です。夫の親は同じ県内に住んでいるので、里帰りという概念がありません。 (30代:女性)

  • 今年は私の実家にだけ帰省する予定です。因みに県内なので全然遠出ではありません・・・ (30代:女性)

  • 実家で暮らしているので、出かけるところがない (50代:女性)

  • 親と同居なので、基本的に帰省はありません。せいぜい、祖父母のお墓参りで帰省の雰囲気を味わえます。 (50代:男性:)

  • 赤平へ岩見沢の義母を拾って義父の墓参りに、別の日に札幌や青森県から子供たちが帰省、別の日に岩見沢に父の墓参りへ (50代:女性)

  • 中国地方から北海道の実家へ帰省します(道南方面) (30代:女性)

  • 父母共亡くなっていて、お墓参りに、私の実家の墓に行きます。自分が住んでいるところから、車で15分のところです。 (50代:女性)

  • お盆前に同じ県内の実家に日帰りで、帰省の予定 (40代:女性)


くらしくのモニターさんは北海道の方が約半数います。今回お答えいただいたご意見で多かったのは、北海道内での移動です。
それ以外に目立った意見としては、「車を使って移動をする」こと、「お盆時期は混むので時期をずらして帰省する」等の意見が多くありました。


■質問5-1 お盆の帰省の主な目的は何ですか?
■質問5 お盆の帰省の主な目的は何ですか?
■質問5-2 お盆の帰省の主な目的は何ですか? (自由回答一部抜粋)
  • 子供と自転車の練習をします。 私も本気で乗れるように・・・笑(30代:女性)

  • ペットのお墓参り。(30代:女性)

  • 温泉(60代:女性)

  • 夏休みの帰省を兼ねて、お盆のちょっと前から帰省します。 (30代:女性)

  • お盆生まれの、息子の初めての誕生日(1歳)をお祝いしてもらいに帰ります (20代:女性)

  • 帰省の途中に宿泊して旅行しながら帰ります(40代:女性)

  • 従兄弟同士を遊ばせたいです。 (30代:女性)

  • 今年は夫がお盆休みがないのでいきません(30代:女性)

  • 実家が好きだから(20代:女性)


1番多かったのは「家族や親戚と過ごす」こと。2番目に多かったのは「お墓参り」でした。
3番目に多かったのは「家でゆっくりとくつろぐ」という意見でした。お盆の帰省の目的はお墓参りもありますが、普段会えない家族や親戚と会い、ゆっくりとすることを目的としていることが分かります。


■質問6-1 例年、お盆に行うことは何ですか?

■質問6 例年、お盆に行うことは何ですか?

■質問6-2 例年、お盆に行うことは何ですか? (自由回答一部抜粋)
  • 実家の家族と必ずバーベキュー&昼酒です。 実家は決まった休日がない、農業を営んでいるのでお盆の二日間は堂々と休める日でもあります。(30代:女性)

  • 家族でのんびりする。それが一番大切。(50代:男性)

  • 家族一同でホテルやコテージに行く。(40代:女性)

  • 市内のおじいちゃんのうちで、出前をとって食べる 弟が東京から帰省したときは、実家と私の家族で外食 (30代:女性)

  • 実家では、玄関の前で、割り箸などを燃やし、迎え火と送り火をしています。
    (30代:女性)

  • お盆は仕事です。そういえば、わたしの母もお盆は仕事です。他の従業員はみんなお盆は休みたいだろうから、あえてお盆は出勤にしているんですって。なので、お盆に里帰りしても母がいないから意味がないです。そういえば弟も外食産業で働いているからお盆はおそらく仕事でしょうねえ。(30代:女性)

  • 普段会えない親戚に会いに行く (30代:女性)

  • 一族そろって仏間でお経をあげる。(40代:女性)

  • お寺で法事供養を行う。(30代:女性)

  • お盆に帰ることはほとんどない (30代:男性)


1番多かったのは、「お墓参りに行く」でした。
自由意見でもありますが、お盆休みがかきいれ時だったり、多くの人が休まれるからこそ、忙しくなる仕事もありますよね。
アンケートの内容も、お墓参り以外は、皆さんのご意見がまちまちになりました。
お盆は地域の風習の違いなどもあるためだと思います。
しかし、皆さん思い思いにくつろいでいることは伝わってきますね。


■質問7・今までのお盆の過ごし方の思い出
  • いつものことですが…夫の実家へ帰省すると、私は親族に挨拶まわりや食事の用意で大忙しなのに対し、夫はくつろぎモードで好きなものを飲み食いし、昼寝したりしてます。ストレスが溜まる… (20代:女性)

  • おばあちゃんの家へみんなで遊びに行き、普段おばあちゃんが出来ない大型ごみを出しに行ったり、年末にするお掃除をお盆にして大汗流しました!その後のビールの美味しいこと!またお盆に大掃除しようと思います。 (30代:女性)

  • おばあちゃんの初盆の時に親戚一同で手作りの精霊船を作成して流したこと。(30代:女性)

  • お供えものを、夕方近くの川に流すことになってました。 変な感じもしますが毎年祖母と行ってました。 そして祖母が亡くなってしばらくすると、川にそんなものを流してはいけない、ということになってその習慣はとりやめになり、そして現在その川は埋め立てられてありません。 (40代:女性)

  • お墓参りに朝一でいき、お墓を囲んで朝のお弁当を食べる 北海道しか出来ないですよね。広いお墓があるのは、北海道くらいですから。 (30代:女性)

  • お盆は帰省する人が多いので東京は意外に穴場で空いているかと思い、あえてお盆に遊びに行った覚えがあります。買い物したり美味しい物を食べたりして楽しめました。結局、人は沢山いました! (30代:女性)

  • ずっと札幌で暮らしているし、もう20年くらい、盆暮れに関係なく仕事をしているのでなんだかお盆も季節の行事ではなくなってる。 お墓参りも、たまたま休みが合えばいけるかどうかってくらい。 (50代:女性)

  • めったに会えない親戚と一緒になると、過去何年間もの積もり積もった話があるので、何時間でも楽しく過ぎていきます。 (40代:男性)

  • 去年は結婚してはじめてのお盆だった。お墓参りとお墓の掃除ということで雑巾持参で夫の親戚とお墓に行った。私は古い雑巾を持っていったのに、私以外は新品のタオルを雑巾として使っていて、とても恥ずかしい思いをした。 (30代:女性)

  • 子供の頃、毎年お盆は母の実家に帰省していました。 新潟の南魚沼のど田舎です。 集落の盆祭りの帰り、水田の横の用水路で生まれて始めて蛍を見ました。 (20代:女性)

  • 働いていた間は、仕事が忙しくお墓参りは後回しになっていましたが、息子を妊娠したときから、ご先祖様から受け継いだ大切な命と一緒に、お墓参りをすることにしています
    (20代:女性)

  • 函館は新暦で7月にお盆をするため、普通の盆休みと時期が合わないのだが、結婚直後、お盆に帰省したら「今頃帰ってきても役に立たない」と義母から言われたのが忘れられない。 (40代:女性)

  • 毎年方々に離れている兄弟家族が実家に集まり、庭でバーベキューをしたあと花火をして、8時以降に肝試しにいくのが恒例になっています。 子供たちがとても楽しみにしているのでそれが毎年一番の思い出になります。 (30代:女性)

  • 幼い頃、開店灯籠を綺麗と思い、お盆を過ぎてもプラネタリウム感覚でクリスマスまで出していて欲しいと駄々こねて怒られた記憶。 今も鮮明です。 (30代:女性)

たくさんのご意見ありがとうございました。
お盆は普段会えない家族や親戚、知人と久しぶりに会って話ができる、普段忙しくしている人がゆっくりとできる時なのかもしれません。


お盆はお墓参りをして、先祖の事を想い、懐かしい人々とゆっくりと語らう時なんですね。
普段忙しくしている人も、この時期はゆったりとくつろげる時なのかもしれません。
生活の中で季節感や生活の節目があまり明確ではなくなっている昨今、お盆のよう行事も
どちらかというと、夏のレジャーの一環になっていると思っていましたが、
そんなことはなく、ちゃんと受け継がれているのだとおもい、嬉しく思いました。

たくさんのご意見ありがとうございました。
今後とも、くらしく のアンケートをよろしくお願いします。ありがとうございました。