くらしくモニター規約 プライバシーポリシー くらしく運営会社 サイトマップ

アンケート報告書

冬のくらし準備(80回アンケート)(2010年11月3日〜11月30日)

●「冬のくらし準備」について
‥瀛の用意や模様替えは10月下旬には始める。
暖房器具の用意も10月下旬には始める。
ホットメニュー「意識して」食べたくなる時期は、10月下旬〜11月初旬
づ澆傍い鬚弔韻胴圓Δ海箸蓮嵒邪対策」「乾燥対策」

アンケート内容

くらしく 登録モニター様を対象に
「冬のくらし準備」に関してのアンケートをお願いしました。

■アンケート項目:
1・毎年、冬物を購入したり模様替えをしようと考える時期はいつごろですか?
2・例年、暖房器具を使い始める時期はいつごろですか?
3・食生活で特に意識をして、お鍋や温かいものを食べると思う時期はいつごろですか?
4・冬物の準備にはどのようなことをされますか?
5・冬の生活で、特に気をつけていることはありますか?

■基礎情報
・対象者 北海道くらしアンケートくらしく 登録モニター401名
・構成性別 女性340名 男性61名
・調査方法:インターネットによる調査
・調査期間:2010年11月3日〜11月30日

調査報告に際して

くらしく 登録モニター様を対象に
冬のくらしの準備関して、アンケートをお答えいただきました。
アンケートの範囲は全国なので、地域によって回答いただいた季節や、内容は変わります。
日本が細長い国だという事がよくわかりますね。

調査報告
■質問1 毎年、冬物を購入したり模様替えをしようと考える時期はいつごろですか?
■質問1 毎年、冬物を購入したり模様替えをしようと考える時期はいつごろですか?

多くの方が「10月下旬」に冬物の用意や模様替えを始めるという事でした。
※アンケート回答者の約半数は北海道のモニターさんです、西日本にお住まいのモニターさんにとっては、早すぎる用意のように感じられるかもしれませんね。


■質問2 例年、暖房器具を使い始める時期はいつごろですか?
■質問2 例年、暖房器具を使い始める時期はいつごろですか?

質問1の冬物の用意や模様替えの時期にあわせて、暖房器具の用意をしていることが分かりました。


■質問3 食生活で特に意識をして、お鍋や温かいものを食べると思う時期はいつごろですか?
■質問3 食生活で特に意識をして、お鍋や温かいものを食べると思う時期はいつごろですか?

ホットメニューを「意識して」食べたくなる時期は、10月下旬〜11月初旬が多くありました。
時期的には、問1・問2と変わりはありません。12月だけちょっと増えていますね。
これは、忘年会などの影響で食べたり、食べたくなったりするのではないかと思われます。


■質問4-1 冬物の準備にはどのようなことをされますか?
■質問4 冬物の準備にはどのようなことをされますか?

■質問4-1 冬物の準備にはどのようなことをされますか?(自由回答一部抜粋)
  • インフルエンザの予防接種の予約(30代:女性)

  • マスクの在庫チェック、インフルエンザ予防接種の予約確認(20代:女性)

  • 加湿器の用意 冬用のパジャマを着始める(20代:女性)

  • 庭のかたずけや、除雪用具を準備しだします。 冬用のスキンケアにします。(30代:女性)

  • 特に風邪などに気をつけてるので、食生活に野菜と生姜、にんにくを使う機会が増える
    (30代:女性)

  • 庭木の冬囲い、冬に向けて行う庭のバラの剪定(30代:女性)

  • 自転車のメンテナンス、ガーデニング道具をしまう為衣類を入れ替えクッションに収納。リサイクルに出す。 洗濯するので、灯油の配達確認も。(30代:女性)

  • カイロや電子レンジを使って暖める「暖めグッズ」を買いに行く 生姜のはちみつ漬けを作る(30代:女性)

  • ここ数年ヒートテックの下着が性能が良く暖かいので買い替えるようにしています。
    (30代:女性)

冬のくらし準備のアンケートをお願いしたので、多くあったのは、冬物衣料や防寒衣料の用意でした。
自由回答で多くあったのは、風邪予防と湿度予防。
北海道や東北地方の方の意見が多かったのは、冬囲いなどの準備でした。


■質問5 冬の生活で、特に気をつけていることはありますか?(自由回答一部抜粋)
  • インフルエンザ予防接種は家族全員接種 除菌アルコール等の在庫確認 (30代:女性)
    暖房などにより室内が乾燥し、のどがいたくなったりするので、加湿器と空気清浄機をつかっています (40代:女性)

  • いつも気を付けていますが今年は特に受験生がいるので気合を入れて頑張ろうと思っています (40代:女性)

  • お風呂上がりに暖かい格好をする、温かい飲み物を飲む、パジャマや寝具をやわらかいあたたか素材にして湯たんぽを入れる。とにかく風邪をひかないように注意して寝ることです。 (30代:女性)

  • ミカンを食べてビタミンを取得するようにしています。あと、風邪予防に手洗いうがいを必ずしています。窓の結露がすごいので、部屋のドアを開けるなどして通気性を良くするように心がけています。 (30代:女性)

  • 乾燥しないように気をつける(洗濯物の室内干し)、人ごみを避ける、時間をかけて入浴し体を温める、うがいと手洗いをしっかりする (20代:女性)

  • 乾燥予防、風邪予防。 (40代:女性)

  • 結露がでるので換気、会社では乾燥するので加湿 (40代:男性:)

  • 昨年の新型インフルエンザ流行以来、ウィルス除去効果のあるハンドソープや消毒ジェル、ペーパータオルなどを利用しています。私はオールシーズン使っていますが、家族はあまり使用していないので、冬本番に向けてちゃんと使うように、うるさく注意しています。 (40代:女性)

  • 真冬にストーブが動かなくなり修理頼んだら待たされている間で風邪を引いたので、点検と値上げ前に灯油の注文は欠かせない。トイレがすごく寒く我慢していたら病気になったので、あったかカバーは欠かせない。寒さにはケチらない様に心がけてます (30代:女性)

  • 暖房器具に頼りすぎて光熱費が大変なことにならないよう、できるだけ服を重ね着したり、ペットボトルの湯たんぽを使ったりして寒さを凌ぐようにしている。 (19歳以下女性)

  • 冷え性なので特に冬は苦手です。そこで体を冷やしにくくするためには「3つの首」を暖めると良い、と聞きました。首、手首、足首の三つです。家でできるネックウォーマー、リストバンド、ルームシューズをつけて万全にしています。 (30代:女性)

  • 冬用の背広の点検、夏用の背広の洗濯 (50代:男性)

  • 除雪器具の点検と用意。手入れをしっかりしていないと錆が多く、使い勝手が悪いので
    (50代:男性)

たくさんのご意見ありがとうございました。
圧倒的に多かったのは「風邪対策」「乾燥対策」でした。
冬の光熱費の出費を考えて、暖かく冬を過ごす工夫をするという意見もおおくありました。


冬のくらし準備では、季節や気候の変化にあわせた体調管理に気をつけることが、第一に考えられていることが分かりました。
ご指摘いただいたのですが、北海道の地域によっては春分の日(9/23)以降、暖房器具の用意を始めるという意見もありました。

たくさんのご意見ありがとうございました。
今後とも、くらしく のアンケートをよろしくお願いします。ありがとうございました。