くらしくモニター規約 プライバシーポリシー くらしく運営会社 サイトマップ

アンケート報告書

敬老の日(106回アンケート)(2011年9月6日〜9月26日)

●「敬老の日」について
‖り物を「贈る予定がある」25%
∈までに贈り物を「贈った事がある」49%
Bり物は「直接会って」渡す、受け取る
ぢり物をする場合、費用は5000円未満を中心に、1万円以内の範囲

アンケート内容

くらしく 登録モニター様を対象に「敬老の日」に関してのアンケートをお願いしました。

■アンケート項目:
1・今年の敬老の日に贈り物をする予定・受け取る予定はありますか?
2・今までの敬老の日に贈り物を贈った、受け取ったことがありますか?
3・敬老の日で贈った、または受け取った際、どのような方法を使いましたか?
4・敬老の日に贈物をするとしたら、どんな物を贈りたい、受け取りたいですか?
5・敬老の日のギフトを贈るとしたら、どこで購入しますか?
6・費用はどれくらいのものを贈りますか?
7・敬老の日で行った事や、してもらった事で思い出に残っていること

■基礎情報
・対象者 北海道くらしアンケートくらしく 登録モニター415名
・構成性別 女性349名 男性66名
・調査方法:インターネットによる調査
・調査期間:2011年9月6日〜9月26日

調査報告に際して

くらしく 登録モニター様を対象に、敬老の日に関してのご意見を伺いました。
くらしくに登録していただいているモニターさんは、30〜40代が多くいて、敬老の日の
「贈り手」としてのいけんは多く集まりますが、「受け取り手」側の意見はあまり多くは
ありません。しかしながら、贈る側の意見を通して受け取り手の満足感や要望を垣間見ることが
できる意見も多くいただく事ができました。


調査報告
■質問1 今年の敬老の日に贈り物をする予定・受け取る予定はありますか?
■質問1 今年の敬老の日に贈り物をする予定・受け取る予定はありますか?

「贈る予定がある」25%、「贈る予定が無い」60%、となりました。
「受けとる予定がある」2%、「受けとる予定が無い」28%
全体の25%の方が今年の敬老の日に贈り物をする予定があると答えています。

■質問2 今までの敬老の日に贈り物を贈った、受け取ったことがありますか?
■質問2 今までの敬老の日に贈り物を贈った、受け取ったことがありますか?

いままの敬老の日で贈り物を「贈った」49%、「贈った事が無い」40%と、敬老の日で贈り物をしたことがある方は全体の約半数います。

■質問3 敬老の日で贈った、または受け取った際、どのような方法を使いましたか?
■質問3 敬老の日で贈った、または受け取った際、どのような方法を使いましたか?

贈り物の配達経路を調べました。「直接あった」39%、「宅急便」14%、「郵便」11%となりました。直接会って渡した方が全体の約4割いました。

■質問4-2 敬老の日に贈物をするとしたら、どんな物を贈りたい、受け取りたいですか?
■質問4-2 敬老の日に贈物をするとしたら、どんな物を贈りたい、受け取りたいですか?

■質問4-2 敬老の日に贈物をするとしたら、どんな物を贈りたい、受け取りたいですか?
     (自由回答一部抜粋)
  • 和菓子の詰め合わせ (40代: 女性)

  • 果物、この季節は梨です。 (60代: 男性)

  • 家に遊びに行く。顔を見せ、楽しい時間を過ごすことが一番のプレゼントだと思うから
    (30代: 女性)

  • 一緒に過ごす時間 (30代: 女性)

  • 子供の作った作品や手紙。お菓子やお酒。 (30代: 女性)

  • 手紙 (30代: 男性)

  • 孫が描いた絵 (40代: 女性)

  • 直接のマッサージなど (40代: 女性)

贈り物に対して多かった意見を順番に「衣料・アクセサリー」25%、「産直ギフト」24%、「フラワーギフト」23%となっています。自由意見では、「孫や子供のてがみや絵」や「顔を見に行く、一緒に過ごす」等がありました。

■質問5 敬老の日のギフトを贈るとしたら、どこで購入しますか?
■質問1 9月1日は防災の日です。知っていましたか?

贈り物の購入先としては、「量販店」39%、「百貨店」34%、「専門店」29%が多くありました。

■質問6 費用はどれくらいのものを贈りますか?
■質問1 9月1日は防災の日です。知っていましたか?

金額では「5000円未満」45%と一番多く、「5000円〜1万円未満」25%と続きます。
贈り物をする場合、費用は5000円未満を中心に、1万円以内の範囲で贈られているようです。


■質問7 敬老の日で行った事や、してもらった事で思い出に残っていること
     (自由回答一部抜粋)
  • おじいちゃんに、京都旅行をプレゼントしました。一緒に行けた翌年には足が悪くなったので行ける時行ってよかったなぁと。 (30代:女性)

  • おばあちゃんにいつまでも若々しくいてほしいので、特に贈り物はしないで、一緒に食事する。 (20代:女性)

  • メッセージカードを添えて、プレゼントをした。 かなり喜んでもらえたので、あげたこっちもうれしくなった。 (20代:女性)

  • 敬老の日には毎年、おじいちゃんとおばあちゃんの家に電話をかけるようにしています。電話でわたしの声をきくとすごくよろこんでくれるので、わたしもうれしくなります。 
    (19歳以下女性)

  • 結婚記念日に結婚式をあげたので毎年敬老のお祝いと記念日を兼ねて外食にいっていましたが、敬老の日が変更されたのでそれからは行かなくなってしまいました。連休にしたいだけで祭日を国会でいじられるのには腹が立ちます。 (50代:女性)

  • 子供のころは、肩たたき券やお掃除券などを作り、直接渡して喜ぶ顔が見られたこと。 親元を離れて生活していると、そういう機会が少なく、残念です。 (50代:男性)

  • 私と主人の親に敬老の日として何かをするか迷ってしまいます。 子供がいるので子供からすれば、じいちゃん、ばあちゃんなのですが、 敬老=お年寄りというイメージがあり、お年寄り扱いしてしまうことに抵抗があり、多少悩んでしまいます 父の日、母の日にはプレゼントを贈っているからいいかなって感じなのですが、でも数年後までには子供たちに敬老の日というものを教えなきゃいけないなとは思っています。 (30代:女性)

  • 祖父母が他界した後、敬老の日の予定は特にありません。 親はすでに「敬老」の年齢に達していますが(私には子どもがおりませんので)、 敬老のお祝いをすると叱られそうです(笑。 (30代:女性)

  • 祖母にフラワーアレンジメントを送りました。「こんなにきれいなお花はもらったことがない」と喜んでくれました。 (40代:女性)

  • 亡くなった祖母に初めてバイトしたお金で敬老の日に趣味のお品(油絵の絵の具)を贈りました。数年後・・・祖母が亡くなった後に形見分けの時、大事に和紙に包まれた絵の具を見て「大事に使わずに取って置いてくれたのだな〜」と思うと切なくなりました。 
    (30代:女性)

  • 毎年、届いたよと声が聞けるのがうれしいです。 (30代:女性)

  • 両親に温泉旅行をプレゼントしたら涙を流して喜んでくれた事 (50代:女性)

  • 何歳から敬老の対象になるのかが迷ってしまう。 (40代:女性)


たくさんのご意見ありがとうございました。
自由意見を読んでいて、受けとった方と会う事、声が聞ける等のコミュニケーションをとること、感謝される、喜んでもらえることを重要と考えている事を重要としているようです。
「敬老」の年齢に関して、いくつくらいからなのか疑問であるという意見も多くありました。


普段会えない、家族とのコミュニケーションをとる事、会える、声が聞けて、喜んでもらえるいくつから「敬老」なのか、反対におとしより扱いしてしまう事になってしまわないか心配という意見が聞かれました。
高齢社会に向かって行く日本の中では、今後「敬老の日」の意味や役割がちょっと複雑になっていくような気がしますね。

たくさんのご意見ありがとうございました。
今後とも、くらしく のアンケートをよろしくお願いします。ありがとうございました。