くらしくモニター規約 プライバシーポリシー くらしく運営会社 サイトマップ

アンケート報告書

節分(87回アンケート)(2011年1月6日〜2011年2月10日)

●「節分」について
[稠、節分をしていると答えた人は、全体の65%
∪疂には「豆まき」が全体69%の方、「恵方巻を食べる」59%
節分の際に購入するモノは、「節分豆」が68%、「恵方巻」が45%。

アンケート内容

くらしく 登録モニター様を対象に
「節分」に関してのアンケートをお願いしました。

■アンケート項目:
1・毎年、節分をしていますか?
2・節分にはどのようなことをしますか?
3・節分の際に購入する物は?
4・節分についての思い出


■基礎情報
・対象者 北海道くらしアンケートくらしく 登録モニター469名
・構成性別 女性386名 男性83名
・調査方法:インターネットによる調査
・調査期間:2011年1月6日〜2011年2月10日

調査報告に際して

くらしく 登録モニター様を対象に節分に関してのご意見を伺いました。

調査報告
■質問1 例年、節分をしていますか?
■質問1 例年、節分をしていますか?

例年、節分をしていると答えた人は、全体の65%、以前していたと答えたひとは21%でした。
節分の行事は、多くの人が実施している様です。


■質問2 節分にはどのようなことをしますか?
■質問2 節分にはどのようなことをしますか?

節分には「豆まき」をすると答えたのは、全体の69%の方、2番目に多かったのは「恵方巻を食べる」59%でした、それ以外の伝統的な節分に行われるものは全体の1割にも達しませんでした。


■質問3-1 節分の際に購入する物は?
■質問3-1 節分の際に購入する物は?
■質問3-2 節分の際に購入する物は?(自由回答一部抜粋)
  • 北海道は落花生をまきます。(30代:男性)

  • 豆まきに一緒に撒くためのお菓子。 チョコレート、キャラメル、ドーナッツ、小さいパックのスナック菓子。(40代:女性)

  • チョコボールやキャラメル、子供がすきそうなスナック菓子を沢山かって家中にまきます。(40代:女性)

  • 画用紙を買います。 主人に鬼になって頂きますので・・・・^^ (30代:女性)

  • 恵方巻きは親が毎年作って届けてくれるので、自分では購入しません。(40代:女性)

  • 落花生!あとは、うぐいす豆などのおやつになる豆。(20代:女性)

  • 六花亭のお面つきの豆菓子を、毎年義母がくれる (30代:女性)

節分の際に購入するモノで多かった意見は、
「節分豆」が68%、次いで「恵方巻」が45%でした。
寿司材料は3番目で10%でした。恵方巻や手巻きずし等を作る為の材料としての購入のようです。
自由意見であった意見として、
北海道は、本州と違って大豆ではなく「落花生」をまくのです。
まいた豆をそのまま食べられる。掃除が簡単。「オニはそと〜」と外(雪の中)にまいても、拾いやすい。等の理由があるといわれています。
その他に、お菓子やチョコレートなどもまかれることがあるようです。


■質問4 節分についての思い出 (自由回答一部抜粋)
  • 子供が小さい頃は、自分が鬼面をかぶり会社帰りに玄関のブザーを鳴らすと子どもたちが豆を一斉に鬼は外と投げられていたことが思いで深いです。 (50代:男性)

  • 2年ぐらい前に結婚するまでは、首都圏にいたので節分は炒った大豆の豆だった。小さな頃からその豆が大好きで、「年の数だけ」と言われても大量に食べていた。北海道に来たら、落花生ばかりで炒った大豆が手に入らなくなり、何だかとても寂しい思いをした。今年は、正月に里帰りして大豆の節分豆を買ってきたので、今から楽しみにしている。 (30代:女性)

  • まく豆を変えた。 昔は大豆を炒ったものを直接巻いたりしていましたが, いくら綺麗に掃除をしたあとの床に落ちるからといって 衛生的にどうなんだろうと思い, その後は小袋に入っている大豆か殻つきピーナツを 豆まきに使うようになった。 (40代:女性)

  • 以前、住んでいた家の近くに神社があり〜節分の日に神社の豆まきに参加☆ 初めての神社の豆まきにわく1わく☆ドキドキ☆寒い中〜待ち焦がれる45分♪ いざ豆まきが始まると皆のスゴサに圧倒され1つも豆を拾うことなく冷え切った体と疲労だけが残り^^;2度と参加しないと思った節分の思い出のつです^^この神社の節分では、豆の袋の中に抽選券が入っていて豪華?景品も 当たったんです^^本当に凄かったです^^笑 (40代:女性)

  • 毎年、献立を考えるのが楽なので嬉しいです。「嬉しい」という言い方がふさわしいのかは分からないんですが。まめに掃除をしないので、豆まきをすると床のほこりが豆についてしまうのではと心配で、豆まきはせずにまず年の数を食べます。夫は炒った豆が好きなので、多めに買って、年の数を食べた後もひたすら豆を食べます。 (30代:女性)

  • 近所のお父さん方が集団で鬼になって、子供たちが豆まきをしました。 お母さん方はのり巻きやおかずを持ち寄って、みんなで楽しく過ごしました。 (30代:女性)

  • 恵方巻きも節分ソバも北海道にはなじみがないのですが、好きな食べ物なのでここ3年程便乗するようになりました (40代:女性)

  • 恵方巻き自体が全国区になったのはここ十数年ぐらいだと思いますが、家でも十年ほど前から食べています。最初の頃は手作りしていましたが、ここ数年はお店で買うようになりました。もちろんお店で買ったものもおいしいのですが、好きな海鮮の具材をたくさん入れた、手作りのものがやはり一番です。 (30代:女性)

  • 歳の数分の豆を食べるといい、と聞き、毎年自分の歳分の豆を食べています。でもそのたびに「あぁ、また歳とったんだなぁ」としみじみしてしまいます(笑) (30代:女性)

  • 子どもは、落花生より玉チョコが好きなようです。 (40代:女性)

  • 子供が小さいころ、パパが鬼のお面をかぶり、「鬼はそとー」で 外に行ってしまったら、「パパ行かないでー」と泣き出しました。 (40代:女性)

  • 子供が小さい時は豆を炒って昔ながらの豆まきを行っていましたが、後始末が大変なんです。すぐに豆の片づけをするのですが かならず隠れている豆さんがいてしばらくの間少しづつ発見されます。それも大半が誰かに踏みつぶされて粉々の状態で・・(^_^;) 
    (50代:女性)

  • 子供のころ、さいころキャラメルの中にくじが入ってました。くじにはノートや鉛筆、靴下などの小物や小遣いがもらえるようになっていて、ほかのものには目もくれずさいころキャラメルばかりを拾って怒られてました。 (40代:女性)

  • 子供の頃、豆まき後の片づけを楽しんでと母親が考え、まく落花生の殻に金額を書き、拾った金額の合計金額をお小遣いとしてもらっていた。中にはマイナスというのもあり、それを見つけたら拾わないでいたような気がする。 (30代:女性)

  • 子供の頃から落花生をまいていたのですが、旦那は子供の頃煎った大豆を使っていたと聞いて、大豆を煎ってみるといい香りだし、食べても美味しいので今では大豆派になりました まくときは、ラップに数個包むので、少し手間は掛かります (30代:女性)

  • 小さい頃鬼のお面欲しさに落花生を買ったが、幼い口には味が合わず、お面をかけても目の穴の位置が合わず、どれもつまんない思いをした。 (30代:女性)

  • 豆と一緒に飴やチロルチョコをまきました。 (20代:女性)

  • 本州では炒り大豆の豆まきが当たり前ですが、結婚して北海道に来た初めての節分に「落花生」が登場した時には、本気で主人(道産子)とケンカするほど揉めに揉めました。あの硬い炒り豆を歳の数だけ食べる風習も、いつか子供たちに体験させたいです。 (30代:女性)

たくさんのご意見ありがとうございました。
豆まきに関しては、地域によって大豆の炒ったもの、落花生と分かれるようですね。チョコレートやお菓子などを撒くことは一般的なようです。落花生に数字を書いておこづかいをあげると、答えた方は何人かいらっしゃいました。



節分に関して、生活行事として定着しているようです。
恵方巻は、まだ一般的になって10年くらいでしょうか、多くの方が節分行事として行っているようです。豆まきも、いろいろな工夫をして、皆さん楽しまれてるようですね。
少し気になったのは、節分というと「豆まき」「恵方巻」という答えがあって、それ以外の節分関連の行事はあまりされていないような感じがします。
これは、生活環境の変化のせいなのか、歳時としての形が変わってきているのか、皆さんのアンケートを見ていて、興味を持ちました。

たくさんのご意見ありがとうございました。
今後とも、くらしく のアンケートをよろしくお願いします。ありがとうございました。